薬剤師の転職に失敗してしまう理由とは

転職で失敗しない為にも、求人先の情報は納得いくまで確認!

薬剤師の転職に失敗してしまう理由とは

転職アドバイザーやキャリアコンサルタントによると、薬剤師の方が転職に失敗してしまうケースには、ある共通点があるそうです。 その共通点の中でも、最も大きな要因が「自分の希望と転職先の実態が一致していなかった」というものだと言われています。

例えば、

・募集要項には残業なしと明記されていたのに、実際には毎日残業させられる
・上司や管理薬剤師と折り合いが悪い
・キャリアアップが目指せると聞いていたのに勉強会すらない
・求人で提示されていた年収・報酬に虚偽が合った

など、転職前に抱いていた職場のイメージと現実がかけ離れていると感じ、仕事に対するモチベーションを保てなくなる、という場合が目立ちます。

転職後にこういった不安や悩みを持つ薬剤師の多くは、再度転職をして自分の求める職場を手に入れたい、と考える傾向が強いと言われています。

しかし、再度転職活動を行って失敗をしないためには「なぜ、このような不満や悩みを抱くことになったのか」と、しっかりと分析し把握することが必要となります。 そこで、こういったケースが起こるおもな理由を2つご紹介しましょう。

まず最初の理由が「転職前に職場を見学しなかった」というものです。 よく見られるのが、ドラッグストアや大手調剤薬局などに転職する際、本社で面接を受けた後、実際に働く現場についての情報を集めたり、見学したりしなかったというケースです。

本社で面接を受けた際にいくら良い印象を受けたとしても、実際に働く現場の実態が本社の印象と一致していることはまずありません。

そのため、転職の際に「職場の雰囲気を重視したい」と考えている方であればある程、事前にしっかりと実際の職場を見学することが必要となるのです。 例えば、転職前にあいさつの意味を込めて事務員や先輩薬剤師と話す機会を設けてもらう、キャリアアドバイザーに職場見学の機会を設けてもらうなど、事前に転職先の見学をすることは大変重要です。

次に挙げられるのが「転職サイトのアドバイザーやコンサルタントとの意思疎通不足」という理由です。 薬剤師の方が転職活動を行う際は、専門の転職サイトのアドバイザーやコンサルタントを活用するのが一般的です。

しかし、アドバイザーやコンサルタントとのコミュニケーションが不足していると、薬剤師側の希望がしっかりと反映されない、ミスマッチな求人案件が提示されてしまうことになります。 転職で失敗しないためには、コンサルタントやアドバイザーとの連携を図り、自分の希望や要望を具体的に伝えることが、特に重要となるのです。