薬剤師はドラッグストアでどんな仕事をするの?

ドラッグストア薬剤師に求められるスキルも知っておこう

薬剤師はドラッグストアでどんな仕事をするの?

薬剤師の資格を必要とする仕事の中でも、特に求人数が多いのはドラッグストアです。そのため、ドラッグストアで働く場合、具体的にどのような仕事をするのか、詳しく知りたい人は多いのではないでしょうか。

そこで、大まかではありますが、ドラッグストアでの業務内容についていくつかご紹介していくことにします。

基本的に、ドラッグストアでは、処方箋をもとに調剤を行うことはありません。一般用医薬品を扱っていることから、お客さんの症状に合わせて、適切な薬剤を紹介することがメインとなります。

場合によっては、お客さんが希望している薬ではなく、体質や症状などに合わせて適切な薬を紹介することもあるため、コミュニケーション能力や、薬剤に関する知識が必要となってくることもあるでしょう。

ただし、適切な薬剤を紹介することばかりが仕事ではありません。最近のドラッグストアは、薬剤以外にも日用品雑貨、化粧品、食品、サプリメントなども扱っているため、幅広い商品知識が求められます。

それだけではなく、品出し、レジ打ち、商品の陳列、在庫管理など、薬剤師の資格を活かすことができる仕事とは、全く関係がない業務も多数こなさなくてはならないため、仕事に不満を持ってしまう人が多いといえるでしょう。

また、管理職や店長クラスとなると、売上などに関しても考えていかなければならないため、仕事が苦痛になることもあるようです。 ですから、薬剤師の資格を存分に活かして働きたい人には、お勧めできる仕事ではありますが、ドラッグストアの中には調剤薬局が併設されている店舗も多数存在します。

その分、仕事が増えてしまうことにつながりますが、少しでも薬剤師本来の仕事に携わっていきたいのであれば、おすすめの働き方の1つであるといえるでしょう。

求人自体は、ハローワークや求人情報誌でも掲載されていますが、派遣として働くことも可能です。そのため、まずは働いてみて、ドラッグストアで勤務することに抵抗がないかどうか体験してみてから、正社員として働いても良いでしょう。